ベビー布団の購入を考えているあなたへ~生地の質と機能性~

乳児

赤ちゃんのために

ベイビー

サイズの確認をする

妊娠が分かり、わくわくしながら出産に向けて楽しく準備をしていくなかで何が必要で何が無くてもいいものか迷うことが出てくると思います。実際に私もそうでした。まず、退院してすぐに赤ちゃんに必要なものはオムツから始まり以外とたくさんあるのですが、家にあるもので代用出来たり、あると便利だけど無くても大丈夫なものや用意はしたけど後になって邪魔になってしまうものも以外とたくさんあります。その中のひとつであるベビー布団ですが、敷布団や掛け布団、シーツや枕などがセットになったものが売っていたりしていて、大きさも何種類もあります。ですので、ベビーベッドを使用する場合はベッドの大きさを確認してからの購入がオススメです。初めてのお子さんだと色々揃えるものが多くて大変ですが、後から後悔しないように、サイズの確認はしておきましょう。

後から必要なら購入

赤ちゃんは意外と敏感なので抱っこされて寝ていたのにベビーベッドに寝かせると起きてしまったり、新生児のうちは、夜中に何度も授乳をしたりと、そうそう大人しくは布団に寝ていてくれないのが現実です。なのでお母さんの布団で一緒に寝ていたりとあまりベビー布団を使用しなかったという事もよくあることです。セットになっているものも、赤ちゃんは体温調節がまだまだ自分では出来ないので着ている服の枚数や掛けてあげるものでの調整が必要となります。どうしても赤ちゃんは、始めのうち吐き戻したり、うんちで汚してしまったりすることも多いので、まずはベビー布団にこだわらずに初めは家にあるもので様子見をしてみましょう。必要そうなら、あるいはそういった状況が落ち着いてきたら、今はネットでも購入する事が出来るのでそれから購入しても遅くはないと思います。また洗いやすい布団があれば、それを購入すれば洗濯のときも楽になるでしょう。